アニメ

日常アニメまとめ!癒されたいときにおすすめ

アニメの醍醐味と言えば、リアルではありえないファンタジー作品!という方もおおいかもしれませんが、いわゆる日常アニメも面白い作品がたくさんあります。

見せ場という見せ場がある作品は少ないかもしれませんが、どの作品も安定して最初から最後までおもしろいものが多い印象です。

何も考えずに見れるので疲れているときになんかもおすすめ!

日常アニメ

ばらかもん

©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス・「ばらかもん」製作委員会

書道家、半田清舟は書道の受賞パーティで展示館の館長に「実につまらない字だ」と作品を酷評され、怒りのままに殴りつけてしまう。
それを見かねた父親により、「人間として欠けている部分」を見つけさせるため、自然豊かな五島へと送り込まれた。
内心では、自身の作品を酷評した館長が悪いと思っており、反省する気など無かった清舟であったが、琴石なるをはじめとする個性的な島民たちとの触れ合いを通して心を動かされていくのであった。

主人公が書道家ということで固いアニメかと思っていましたが、全然そんなことはなく日常パート多め。というかほとんど。
島の住民たちは個性豊かで清舟を困らせることも多いが、引っ越しの手伝いをしてくれたりご飯の面倒を見てくれたりと優しい人たち。
そんな島民たちとの関係を持ちながらの日常を描いています。

原作もとても面白くて好きですが、アニメでは動き回るちびっ子たち、特になるがかわいい!
方言もばりばり出てくるので、方言好きな方にもおすすめ。

ちなみに、タイトルの「ばらかもん」は五島列島の方言で「元気者」という意味。
U-NEXTで視聴Huluで視聴

ご注文はうさぎですか?

© Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか?

実家から離れた高校に通うため、新しい町での下宿生活を始めることになったココア。しかし道に迷ってしまい、たまたま近くにあった喫茶店「ラビットハウス」へ入店する。すると実はこの店こそが、彼女の下宿先だった。ラビットハウスで働いているチノやその他の仲間たちとともにココアの賑やかな新生活の幕が上がる。

かわいい女の子が繰り広げるほのぼのとした日常を描いた作品。かわいい女の子たちがわちゃわちゃしているのが見たい!なんて方にはおすすめ!

彼女たちのかわいさに癒されること間違いなし?

登場人物の名前が飲み物をもじったものになっています。

U-NEXTで視聴

侵略!イカ娘

©安部真弘(週刊少年チャンピオン)/海の家れもん

「人類よ、よく聞け。今からこの家を人類侵略の拠点にさせていただくでゲソ」
海洋汚染を続けてきた人類を征服するため、深海から湘南の浜辺にやってきたイカ娘。
しかし最初の侵略拠点として目を付けた「海の家れもん」の壁を破壊したところ、経営者である姉妹の反撃に合い壁の修理代を弁償するという理由のもと、従業員としてこき使われることに。
人類を侵略するはずが、逆に服従させられてしまっているイカ娘と個性的な人間たちによるドタバタコメディ。

日常系コメディアニメ。
人類を侵略しに来たはずが、かえって仲良くなっていってしまうという少し抜けている、「イカちゃん」ことイカ娘の日常を描いている作品。

内容はもちろん面白いですが、それだけでなくとにかくイカちゃんが可愛い!
ひたすらイカちゃんを愛でるためのアニメといっても過言ではないかもしれません。

本作品の影響で、「~でゲソ」「~じゃなイカ?」といったイカ娘独特の語尾が流行しました。

U-NEXTで視聴

荒川アンダーザブリッジ

©中村光/スクウェアエニックス・荒川UB製作委員会

市ノ宮行は世界のトップ企業社長の御曹司。一族に代々伝わる家訓は「他人に借りを作るべからず」。行自身も父親にその教えを叩き込まれ、その教え通りに借りを作らずに生きてきた。しかし、ひょんなことから溺れかけたところを、荒川河川敷に住む自称金星人で橋の下に住む不思議少女、ニノに命を救われる。「命の恩人」という余りに重すぎる借り。その借りをなくすために、行はニノに対して「何でも願いを叶える」と言う。最初は何も願いが無いと言うニノであったが、少し考えてからこう言い放った。
「—私に、恋をさせてくれないか」

大企業の御曹司のひょんなことから始まった橋の下での日常を描いた作品。
ニノの恋人として橋の下で暮らす決意を固めた行は、村長こと河童に「リクルート」と言う名をつけられる。
その他大勢の不思議な住人達と交流しながら生活していく様を描いています。

ひたすらギャグパートです。
基本的には1話完結でテンポよく話が進んでいくのでとても見やすいです。
2期の荒川アンダーザブリッジ×ブリッジでもニノが金星人だということの真意は明らかになりませんが、原作ではその謎が明らかになるので気になる方は原作も読んでいてください。

U-NEXTで視聴

徒然チルドレン

©若林稔弥・講談社/徒然チルドレン製作委員会

どこにでもいるような、ごく普通の高校生たち。そんな彼らの恋愛模様をお届けします。好きな人のことを考えて嬉しくなったり、悩んだり、笑ったり、泣いたり、怒ったり、すれ違ったりしながら、それぞれがかけがえのない青春の日々を過ごしている。不器用だけれどまっすぐな恋を描いていく青春群像劇。

2017年放送と、割と最近の作品。
普通の高校生たちの恋愛模様を描いている作品。

えー、やばいです。キュン死します笑
どのカップルも初々しくてかわいい。高校のときってこんな恋愛してたのかな?
今となっては良くも悪くも大人になってしまいましたが、どんな方でも共感できるシーンがあると思います。

1話ごとに複数のカップルのエピソードが登場し、並列した時間軸で物語が展開していきます。
とてもテンポよく話が進むので気軽に見れるアニメが好きな人にもおすすめ!
U-NEXTで視聴Huluで視聴

みなみけ

©桜場コハル・講談社/みなみけ製作委員会

南家の3姉妹、しっかり者の長女・春香、おバカキャラの次女・夏奈、辛辣な言葉を吐く小学生・三女の千秋。学校でも家庭でも三者三様の日常を送る、南家の3姉妹の平凡でゆるゆるな日々を描いていく。

この物語は南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。

えー、あらすじにすべてが書かれています。
冗談ではなく本当にそんな作品。

ひたすら南家の日常生活を描いていく作品。
3姉妹の友人との絡みも面白く、ついつい見返してしまうような面白さ。

基本的には1話完結の短編作品。
作品の中で四季を何周も繰り返しているが、登場人物の学年は変わらない、いわゆるサザエさん時空をとっている作品でもあります。

全編を通して好きなシーンは、ハルカの高校の先輩の保坂が登場するシーン。
保坂を端的に表すと「気持ち悪い」。「キモい」ではなく「気持ち悪い」というところがポイントです。
気持ち悪いけど憎めない、大好きなキャラです。

ネットスラングとしても使われるようになった「カップ焼きそば現象」の元ネタとなった作品でもあります。

SHIROBAKO

©「SHIROBAKO」製作委員会

上山高校アニメーション同好会の宮森あおい、安原絵麻、坂木しずか、藤堂美沙、今井みどりの5人は、いつかもう一度、一緒にアニメーション作品を作ろうと誓いをたて、それぞれの進路へ進んでいった。
2年半後、アニメーション製作会社「武蔵野アニメーション」に就職した宮森あおいは製作進行としてアニメの製作に関わることに。
安原絵麻は原画担当、坂木しずかは声優、藤堂美沙はCGクリエイターとして働いており、今井みどりはまだ学生。
武蔵野アニメーションにおけるアニメーション製作の裏側を中心に物語は展開していく。

P.A.WORKSによる、「はたらく女の子シリーズ」第2段。
キャッチコピーは「アニメーション業界の今が、ここにある。」
アニメーション製作の現場に焦点を当てた、一風変わった作品。
私自身、アニメは昔から好きでしたが、その作品がどのようにして出来上がるのかということは意識していなかったので興味深く見ることができました。

アニメ製作陣の働く姿、熱い想い等、名シーンがたくさんありますが、個人的なベストシーンは23話のずかちゃんのセリフ。
「今わたし、少しだけ、夢に近づきました!」
いろいろな想い、これまでの背景などを含め、涙が溢れてきました。
個人的には面白さも含め総合的に見ても間違いなく上位に入る作品。

U-NEXTで視聴

 

花咲くいろは

©花いろ旅館組合

東京に住む女子高生、松前緒花は親の恋人が抱えた借金が原因で、祖母が経営する旅館「喜翆荘」に住み込みで働くことに。そこでは同学年の鶴来民子、押水菜子も働いていた。今までアルバイトもしたことがなかった緒花は初めての仕事に戸惑いながらも、旅館の仲居としての仕事を通して成長していく。

P.A.WORKSによる、「はたらく女の子シリーズ」第1段。石川県にある架空の温泉街「湯乃鷺温泉街」が主な舞台となります。旅館の仕事の裏側や、そこで働く少女たちの日常を描いた作品。

空気が読めず、仕事にも慣れていない緒花は様々な問題に直面します。失敗することもあるけれど周りと協力して乗り越えていくことも。

内容として文句なしに面白いですが、それに加えて風景描写がとてもきれいな作品でもあります。

また、2011年のアニメ本放送以降、作中に登場する「ぼんぼり祭り」は、物語の舞台のモデルとなった湯涌温泉で実際に行われるようになりました。今では地元の有名なお祭りとなり、アニメ発祥のお祭りだということを知らずに訪れる人も多数いるとのこと。

毎年秋に開催されているので、ハマった方は観光もかねて行ってみるのもいいかもしれません。

U-NEXTで視聴

おそ松さん

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

松野家の六つ子は20歳を過ぎても定職につかず、親の脛をかじ続けいわゆるニートとして生活していた。仕事にも女性にも縁がない個性的な6人は、時に足の引っ張り合いをしながらも、ひとつ屋根の下で暮らし、それぞれの今の生活を楽しんでいる。そんな彼らの周りでは、「シェー」でお馴染みのうさんくさい男イヤミ、おでん屋のチビ太、六つ子のアイドル的存在トト子や、いつもパンツ一丁のおじさんデカパン、大きな口の中年男ダヨーン、あどけない少年ハタ坊などの面々とともに騒がしい日常が送られている。

赤塚不二夫の「おそ松くん」のその後を描いた作品。
こちらもひたすらギャグアニメ。
六つ子は典型的なダメ人間として成長しており、その周りで巻き起こるドタバタ劇を描いています。

話としてももちろん面白いですが、なんといっても出演声優陣が豪華!
長男のおそ松は桜井孝宏さん。代表作:コードギアス 反逆のルルーシュ(枢木スザク)、化物語(忍野メイ)、ダイヤのA(御幸一也)など
次男のカラ松は中村悠一さん。代表作:CLANNAD(岡崎朋也)、マクロスF(早乙女アルト)、機動戦士ガンダム00(グラハム・エーカー)など
三男のチョロ松は神谷浩史さん。代表作:マクロスF(ミハエル・ブラン)、化物語(阿良々木暦)、Angel Beats!(音無結弦)など
四男の一松は福山潤さん。代表作:コードギアス 反逆のルルーシュ(ルルーシュ)、WORKING!!(小鳥遊宗太)、中二病でも恋がしたい!(富樫勇太)など
五男の十四松は小野大輔さん。代表作:涼宮ハルヒの憂鬱(古泉一樹)、みなみけ(保坂)、ばらかもん(半田清舟)など
六男のトド松は入野自由さん。代表作:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(宿海仁太)、千と千尋の神隠し(ハク)、電波女と青春男(丹羽真)など

有名作の目白押しですね。おそ松さんにあまり興味がなくても、キャストが豪華ということで見始めてハマった!という声も多くありました。

声優ファンという方はぜひ見てみてください。
楽しめること間違いなしです。

U-NEXTで視聴Huluで視聴

ポプテピピック

© 大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

”史上最低のクソアニメ、満を持して登場—”
ポプ子とピピ美が織りなす、煽り・時事ネタ・ブラックジョーク・風刺・パロディなど様々なネタを中心に描いている作品。

日常系?とも思いましたがとりあえず。
ごめんなさい、ストーリーも何もあったもんじゃないのであらすじ書けませんでした。笑
公式キャッチコピーは”どうあがいても、クソ”、”世界一無駄な30分”など。

作品の特徴としては上記のほかに、放送30分枠の前半と後半でほぼ同じ内容を15分ずつ繰り返すというものも挙げられます。
まったく同じというわけではなく、ポプ子とピピ美の担当声優さんが変わります。

また、話数ごとにもキャスティングが変わるので、総勢48名の声優さんが登場します。
驚くべきがキャスティングの豪華さ!アニメに詳しくなくても、「あー、この声知ってる」となる方が多いと思います。

その内容から、批判も含めて反響がとても大きかった作品。
ある意味、2018年を代表する作品とも言えるかもしれません。

クセが強いので、ハマらなければ面白くないかもしれませんが是非一度見てほしい作品。

U-NEXTで視聴Huluで視聴

日常

©あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所

時定高校に在学している仲良し3人組の、「ゆっこ」、「みお」、「まい」の周りではいたって普通で平和な日常が送られていた。
少しだけ変わっていると言えば、人型ロボットがいたり、シャケが飛んで­きたりこけしが飛んできたり、個性が強すぎるクラスメイトや教師がいたりするくらい。
一方、東雲研究所では「はかせ」と「なの」、しゃべる猫「阪本」が暮らしていた。
そんな彼らのシュールな日常は毎日変わることなく繰り広げられていく。

ひたすらにシュールなギャグを繰り広げていく作品。
原作のマンガのギャグの勢いや動きが、アニメという表現で見事に進化しました。

どこが面白いというよりも全編通して安定して面白いです。
ゆっこの居眠り中の夢で繰り広げられるくだらないのに壮大なストーリー、仲良し3人組のシュールな掛け合い、はかせとなのが繰り広げるドタバタ劇、、、
どのシーンをとっても笑えます!

現在、U-NEXTとHulu、amazon primeで配信されていないのがとても惜しい、、、
配信されたら告知しますのでぜひ見てみてください!

どうしても見たいという方はレンタルという手もありかも?

TSUTAYA DISCASを30日間無料お試し

僕らはみんな河合荘

©宮原るり・少年画報社/委員会はみんな河合荘

親の転勤で、下宿先の「河合荘」で一人暮らしを始めることになった男子高校生の宇佐和成。そこには宇佐のあこがれの先輩である河合律も住んでおり、何とかして仲良くなりたいと願う。しかし、河合荘に住む、癖の強い住人たちに振り回されてばかりいる。そんな河合荘で起こるハプニングや日常は今日も宇佐を悩ませる。

宇佐と律、その他癖の強すぎる住人達の日常を描いた作品。
程よい下ネタとシュールさ加減が個人的にかなりツボ。
ギャグがやけにリアルなのでそんな点からもなおさら面白いのかも。

そして、とにかく律ちゃんがかわいい!
冗談抜きで、気持ち悪いかもしれませんがニヨニヨしながら見ていました。
男性の皆さんは見たらきっとわかってくれるはず!!

アニメの律ちゃんもかわいいのですが、原作は律ちゃんのかわいさを余すことなく伝えてくれています。
律ちゃんファンは原作も必読!宇佐が羨ましくて、律ちゃんが可愛すぎて悶え死にそうです。

そんな僕らはみんな河合荘ですが、原作もめでたく完結を迎えました。
最終10巻は6月発売予定。
僕は発売日に入手予定です。今からとても楽しみ!

TSUTAYA DISCASを30日間無料お試し

だがしかし

©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

男子高校生・鹿田ココノツは田舎町で駄菓子屋を営む父と暮らしていた。そんな彼の前に突然、大手菓子メーカーの社長令嬢、枝垂ほたるが現れた。ほたるの目的は父親の会社に、ココノツの父親であるヨウを迎え入れること。ヨウはココノツが店を継がなければここを離れることはできないと言い、それを聞いたほたるはココノツに駄菓子屋を継がせようと画策する。

実在する駄菓子をテーマにした一風変わった作品。
作中に登場するほぼすべての駄菓子が実名。駄菓子にまつわるエピソードや豆知識などをほたるがひたすら解説していくアニメ。
とはいっても堅苦しく説明していくわけではなく、ギャグを織り交ぜながら物語は進んでいく。

数多くの駄菓子が登場するので、小さいころに食べたものも多数。
懐かしい気持ちになるだけにとどまらず、実際に買ってしまったという方も多くいるのではないでしょうか。
僕も普段はお菓子類をあまり食べませんが、だがしかしを見てからは時々お菓子を買ってしまうようになりました。

駄菓子×ギャグという新ジャンル。斬新ですがとても面白い作品です。

2018年々5月、11巻をもって原作も完結しました。

アニメでは語られていないエピソードも満載ですので、気になる方はぜひ手に取ってみてください。

U-NEXTで視聴

FODプレミアムで視聴

瀬戸の花嫁

©木村太彦/スクウェア・エニックス・瀬戸内魚類協同組合

夏休みに祖母の家へ帰省中の満潮永澄は、瀬戸内海で溺れ死を覚悟したが、人魚の少女・瀬戸燦に命を救われる。しかし、人魚にはある掟があった—。それは「身内以外に人魚の姿を見られた場合、死ななければならない」というもの。そこで、燦の父親で極道の組長、豪三郎は永澄を殺して、姿を見られたことを無かったことにしようとする。そんな中、燦の母の「二人が結婚して身内になればどちらも死ぬ必要がない」という提案により婚約することに。しかし、二人の結婚に反対する燦の父・豪三郎や燦の護衛である巻き貝の巻は、永澄を抹殺しようと企み攻撃を繰り返す。そんな命懸けの日々を瀬戸内で過ごしている内に夏休みは終わり、永澄は燦と共に埼玉にある満潮家に帰ることになった。しかし、燦の事が気がかりで追ってきて、強引な方法で永澄の通う中学校の関係者となった「瀬戸内組」の面々に、永澄や燦をはじめとするクラスメイト達は振り回されていく。

どたばたラブコメ・ギャグアニメ。

ひたすら抹殺されそうになる永澄とその仲間達の物語。パロディネタも多くそういったネタが好きな方には特におすすめ!

ギャグパート中心ですが、永澄と燦ちゃんの恋愛模様もしっかり描かれています。

燦ちゃんが健気でかわいい!ぜひご覧ください。

U-NEXTで視聴Huluで視聴

じょしらく

©久米田康治・ヤス・講談社/女子落語協会

「このアニメは女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく番組です。」個性豊かな女子落語家の5人の舞台裏、日常を描いた作品。彼女たちは今日もくだらない話題で盛り上がる。

タイトルの「じょしらく」は「女子落語家」の略。
落語がテーマかと思いきや、作中では落語シーンはほぼ登場せず、5人の女子落語家の舞台裏、楽屋での日常を描いている作品。

1話ごとに3つのパートに分かれており、非常にテンポよく面白くストーリーが展開していきます。
落語は全くと言っていいほど関係なく、いわゆる日常系アニメとして楽しめる作品です。

けいおん!

©かきふらい・芳文社/桜高軽音部

高校生活が始まり、何か新しいことを始めたいと考えている主人公の平沢唯。
そんな時に軽音楽部の部員募集ポスターを見つけ、「幼稚園で先生にカスタネット上手って言われたし私でも出来そう!」と考えて入部を決意するも、実際に募集していたのはギタリスト。
ギター弾けないし、やっぱりやめようと思い部室を訪問するも、なんやかんやあって正式に入部することになり、軽音部としての活動をスタートすることになるのであった。

ざっくり内容をまとめると、かわいい女の子達がゆるーく部活に励んでいくアニメです!笑
バンドに興味がなくても、日常パート多目なので普通に楽しめると思います。
2期終盤の学園祭から卒業式辺りにかけては泣けるポイント満載!
卒業メンバーが後輩の梓にオリジナル曲を演奏するシーン、必見です。

また、作中のキャラクターが使用している楽器が飛ぶように売れたり、軽音ブームの火付け役となったりと様々な社会現象を引き起こしたことでも有名。
アニメに興味ないけど知ってる!という方も多いのでは?
そういう意味でも、初心者でも気軽に楽しめる作品だと思います。

まとめ

今回は日常系作品をご紹介させていただきました。爆笑!という感じの面白さの作品ではないかもしれませんが、思わず笑みがこぼれてしまうようなそんな面白さの作品が多いかと。

最近忙しくて疲れたなーなんて方でも、頭空っぽにして楽しんじゃってください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。